妊娠した人はいるの?六味丸(ロクミガン)の不妊への効果とは

妊娠した人はいるの?六味丸(ロクミガン)の不妊への効果とは

■ 六味丸(ロクミガン) の不妊に対する働き
一言で不妊といっても、原因はさまざまで、それにより効果的な漢方薬も異なりますよね。

 

 

 

不妊に効くと言われている漢方薬はたくさんあるので、どれが良いのか迷ってしまいますよね。
六味丸という漢方薬も、不妊に有効とされていますが、どんな働きをするのでしょうか?

 

 

・ 体内の血液や水分の不足を解消し、妊娠しやすい体に導く
・ 女性だけでなく、男性にも使用される

 

 

六味丸は、体内の血液や水分が不足している状態の人に効果を発揮する漢方薬です。
妊娠に欠かせない血液や水分が不足していると、赤ちゃんも遠ざかってしまいます。

 

 

六味丸には滋養作用もあるので、からだが元気になり、水分不足が原因のむくみも改善されます。

 

 

血液や水分不足は、男性もなりやすいので、不妊治療に取り組む男性にも処方されることがあります。
不妊治療をしている夫婦で一緒に六味丸の服用を続けている、という方もいるのですよ。

 

 

■ 値段や買える場所、保険適用?
漢方薬は、ものによっては専門薬局でしか手に入らないような漢方もありますよね。

 

 

 

不妊に効くとされる六味丸は、ドラッグストアなどで購入することは出来ないのでしょうか?
購入できる場所や、費用はどれくらいなのか、保険は適用されるのか、しらべてみました。

 

 

・ 第二医薬品なので、ドラッグストアやネットで購入可能
・ 保険適用外なので、2週間分で約3000円の負担で購入出来る
・ 病院で処方してもらった場合、保険適用なので3割負担で手に入る

 

 

六味丸は、第二医薬品として、漢方で有名なメーカーからいくつか販売されています。
薬剤師が常駐している薬局やドラッグストア、ネットなどで購入することができますよ。

 

 

ただ、その場合保険は適用外なので費用が割高で、最低でも3000円ほどかかります。
ネットなら、セールなどで値引きされていることも多いので、色々と探してみて下さいね。

 

 

また、病院で六味丸を処方してもらった場合は、保険が適用されるので負担は少なく済みます。
3割負担になるので、費用は少ないですが、必ずしも六味丸を処方されるわけではありません。

 

 

自分の体質や症状で、ベストな漢方薬は違ってくるので、薬を選べない所がネックです。

 

 

■ 副作用と口コミ一覧
漢方薬にも、症状は軽い場合がほとんどですが、副作用があると言われています。

 

 

 

自覚症状が出るほどの副作用は滅多に無いといわれていますが、少し不安ですよね。
不妊に良いとされる六味丸には、一体どんな副作用が出るおそれがあるのでしょうか?

 

 

・ 六味丸に限らず、漢方薬には胃腸の不快感といった副作用がある
・ 症状がひどい場合、食欲不振に陥ることも
・ 六味丸の口コミは?

 

 

六味丸などの漢方薬は、何種類もの生薬が配合されて出来たものがほとんどですよね。
配合されている生薬のなかには、体質に合わないものもあるので、副作用が起こることがあります。

 

 

主な漢方薬の副作用は、胃のむかつきや吐き気、下痢などの胃腸障害が挙げられます。
症状がひどくなってしまうと、食欲も無くなってしまい、食欲不振に陥ることがあります。

 

 

そうなってしまうと、健康な体からどんどん遠ざかり、妊娠力も下がってしまいます。
そうならないためにも、服用して少しでも違和感を感じたらすぐに中断するようにしましょう。

 

 

実際に、六味丸を服用したことのある人の口コミには、一体どんなものがあるのでしょうか?

 

 

「長年悩んでいたむくみが解消された」
「更年期だと思って放置していた体の火照りが治った」

 

 

あまりたくさんの口コミは見つけられませんでしたが、主な口コミはこのようなものがありました。

 

 

水分不足による足のむくみが解消されたという方が多く、からだが整えられたことがわかりますね。

 

 

■ 六味丸(ロクミガン)は、どんな人向け?
漢方薬は、体質や症状により、向き不向きがあるので慎重に選んで購入する必要があります。

 

 

 

六味丸の購入を検討している方も、自分の体質と合っているか確認することが大切です。
六味丸(ロクミガン)は、どんな体質の方に一番有効的なのか、しらべてみました。

 

 

・ 血液や水分が不足している人にしか効果を発揮しない
・ むくみやすい、からだが火照った感じがする方にオススメ

 

 

六味丸は不妊に良いと言われていますが、ある特定の症状のある方にしか効きません。
体内の血液や水分不足を解消する働きがあるので、それらが不足している人にオススメの漢方です。

 

 

むくみやすい、つかれやすい、熱は無いのに体が熱い、というのは水分や血液が不足している証拠です。
そんな症状がある方には、六味丸を服用して体内環境を整えるのがベストですよ!

 

 

六味丸で新陳代謝をうながして、健康で妊娠しやすいからだを手に入れましょう。

赤ちゃんがほしい!妊娠のための体づくりに必要はものは?


漢方薬とサプリメントは、役割が違います!

漢方薬=薬の一種:
明らかな原因がわかっている(東洋学で言えば症だてができている)ものに対して使 用するものです。

サプリメント=濃縮栄養食品: 現代人の食生活では足りないものを効率的に補い、健康な身体の基礎を作るもの。 補強。土台づくり。

漢方薬は薬です。歴史が古いので副作用の強いものや、あまり効果の無いものは姿 を消し、現代で主に使われているものは「効果があり、副作用が少ない」ものです。 漢方薬はあくまでも薬ですから、副作用はあります。


また、病気の症状を緩和するものであり、病気になりにくい身体を作るものではあり ません。身体を作るものは、あくまでも食事です。


さて、サプリメントは別名「栄養補助食品」と言われ、日々の食事の中で取りにくい栄 養素や、その方の生活や目的に必要な栄養素を効率的に摂取できるように生まれ たものです。

ですから、サプリメントと薬(漢方薬を含む)を同列に考えてはいけません。


たとえば膝が痛くなった時、症状に応じて使い分けるのが薬の役割です。

炎症があるのならば炎症を抑えるシップ薬を貼る、痛みがあるのならば痛み止めを 射つといった様に、症状に合わせた治療が必要です。


また体質的にAの薬が合わない場合は、Bの薬を使うといった選択も必要です。 これは西洋薬も漢方薬も同じです。


つまり個人の体質によるので、合う合わないがあります。
そのため婦宝当帰膠、加味逍遥散などの漢方で妊娠した!という人もいれば 全然効果がなかったという人もいるのは実はアタリマエのことなのです。



対してサプリメントは膝そのものを強くして、炎症や痛みなどのトラブルになりにくくする物です。


不妊に対するサプリメントで言えば、そもそもの身体、妊娠しやすい土台となる 身体を作っていくものになります。

そしてサプリメントは食品だからこそ体質を選ばず良い結果を出せるのです。


個人差によらない安定感があるということですね。


例えば下記のような実績のある定番サプリメントを選ぶのもの1つです。



>>不妊治療の専門家が開発した妊活サプリ




また、不妊のサプリメントを調べていると必ずでてくる「マカ」。 なぜマカが不妊対策として取り上げられているかは下記の研究成果にも現れています。


イギリスの学術誌「Journal of Ethnopharmacology」に掲載。 「ラットの黄体形成ホルモン(LH)の律動性分泌リズムと摂食パターン−摂食パターンを用いた非侵襲的性周期判定法」
治京 玉記1)
内山 文昭1,2)
1)中村学園大学薬膳科学研究所分子栄養学部門
2)中村学園大学大学院栄養科学研究科


ラットに軽度のストレスを与える環境の中で、マカを食べないラットとマカを食べたラットに分けて黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(HSH)の血中濃度を測定。

マカを食べたラットは、マカを食べないラットと比べ黄体形成ホルモン(LH)が4.5倍に上昇しました。

妊娠可能な卵子にするために必要な卵胞刺激ホルモン(HSH)も19倍上昇しました。



→この研究結果からわかることは、マカによって卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)がしっかりと分泌されるという異なります。

ホルモンがしっかり分泌されることによって、排卵→着床→妊娠 と言った一連の妊娠サイクルがスムーズにサポートされるということです。



具体例として下記の効果が期待されます。
・子宮の機能を整える効果で生理周期を整える
・生理痛を緩和する
・基礎体温を整える。
・子宮の機能を回復させる。


マカのサプリでは『ハグクミの恵み』の人気が高いです。
不妊治療の専門家が開発した妊活サプリ『kodakara』にもマカが含まれていますので kodakaraだけでも十分だと思いますが、特に生理周期が不安定な方がこちらも合わせてとっている印象です。





>>マカの力で妊活応援サプリ『ハグクミの恵み』